縫製工場

裁断

CADで製作したデータを、マーキングソフトを使い型入れを行い、延反した生地を裁断機を使い、手際良くカットしていきます。

出来上げった裁断品に管理番号を振って縫い場へ渡す、地味で時間の掛かる作業ですが、準備を怠ると生産枚数が減る大切な仕事です。


縫製(パーツ)

雨蓋(フラップ)、肩章、ベルトなどの付属品、前身頃、背身、背裏などのパーツを、手際よく縫製作業者とアイロン作業者が役割分担して準備します。

当日の縫い上り枚数は、前日の準備次第です。

 


縫製(ライン)

上衣・ズボン・ベスト・スカートを効率良く、組立てます。

必要に応じてミシン作業者が中間アイロン作業も行い、ラインが滞らないように注意して全員協力して目標日産枚数を目指します。


仕上


検品

最後は人の目で、一点一点商品をチェックします。

お客様へ良い商品を届けたい、その思いで厳しい検品を続けています。